長期課程(1年以上)

長期課程共通の特色・目的

  • 希望する進路で要求される日本語4技能(読解・作文・聴解・会話力)を身に付ける。
  • 様々なニーズに対応した多彩な選択授業を設置。
  • 日本留学試験・日本語能力検定試験
    (対策授業・模試等の実施)
  • 進路指導の実施。
  • 留学ビザ取得可。

6ヶ月後
  • 日常的な会話がゆっくりであれば聞き取れる。
  • 案内や告知など短い文から必要な情報を探し出せる。
  • あいさつや自分についての簡単な紹介ができる。
1年後
  • 日常的な会話をやや自然に近い速度で聞いて、話の内容を登場人物の関係などと合わせてほぼ理解できる。
  • 新聞の見出しなどから情報の概要がつかめる。
  • 日常的な話題について書かれた具体的な内容を表す文章を読んで、ほぼ理解できる。
  • 日常的な物事や自分の身の回りのことについて、簡単な会話を続けることができる。
1年6ヶ月後
  • 幅広い場面で、自然に近い速度のまとまりのある会話やニュースなどを聞いて、話の流れや人物の関係、要旨などを把握することができる。
  • 幅広い話題について書かれた新聞や雑誌の記事など、論旨が明確な文章を読んで、内容が理解できる。
  • 日常的なことや身の回りのことについて、陳述や描写ができる。
  • 相手や状況に応じた表現の使い分けがある程度できる。
2年後
  • 幅広い場面において、自然な速度のまとまりのある会話やニュース、講義などを聴いて、話の流れや人物の関係、要旨などを把握することができる。
  • 幅広い話題について書かれた新聞の論説や評論など、論理的に書かれた抽象度の高い文を読んで、文書の構成や内容が理解できる。
  • 幅広い話題について議論したり、意見を裏付けたり、仮説を立てたりすることが、相手や状況に応じた表現を使い分けながらできる。
※上記は、日本語を初めて学習する場合の目安です。

4月入学をご希望の方

コース 授業時間 内 容
1年制−日本語学科A 962時間 基礎レベルから応用レベルまでの自分の能力に合わせて日本語を身につける。
2年制−日本語総合学科A 1924時間 日本語の習得のみならず更に広い意味において、日本語を学ぶ専門学校卒業生に授与される専門士(文部科学省制定)の資格を卒業時に授与。
1年制−日本語専攻学科 962時間 1年間の日本語学習を終了した後、更に高度な日本語を身につける

10月入学をご希望の方

コース 授業時間 内 容
1.5年制−日本語学科B 1443時間 基礎レベルから応用レベルまでの自分の能力に合わせて日本語を身につける。
2年制−日本語総合学科B 1924時間 日本語の習得のみならず更に広い意味において、日本語を学ぶ専門学校卒業生に授与される専門士(文部科学省制定)の資格を卒業時に授与。

2年制コースを卒業した場合、専門士の称号を得られます

専門士取得のメリット

  • 四年制大学編入学の資格が得られます。
  • 日本国内での就労資格が得られます
    (ただし「翻訳・通訳」など学習内容と仕事内容に関連があることが条件です)。

専門士取得の条件

文部科学省が認定した専門学校および学科の卒業者に与えられ、以下の条件が必要になります。

  • ・ 修業年限が2年以上であること。
  • ・ 卒業に必要な総授業時間数が1,700時間以上であること。
  • ・ 試験等により成績評価を行い、その評価に基づいて卒業認定を行っていること。
The Graduate's Voice 卒業生からのおたより

仕事の関係で何度か日本を訪問したことから、自分自身にとって日本語は不可欠なものになった。
そこで真剣に考えて選んだのがカリキュラムも充実しており継続してビジネスの学べる環境の整った関西外語専門学校の日本語課程だった。
「いっぱい聞けて、いっぱいしゃべれる!」これは皆が知ってるCMソングだが、2年間充実した授業とやさしく友達のように指導して頂いた先生のおかげで誰とでも日本語で話せるようになった。
今は進学して卒業を控え就職活動中。日本語の勉強を目指す皆さん・・
「いっぱい聞けていっぱいしゃべれる」学校を選びましょう。

金 度憲さん/出身:韓国(関西外語専門学校 進学)