教育方針

 高校教育の新しい取り組み
 教育課程は、通信制・総合学科ですが、この柔軟な教育制度を使って、通信部と通学部の二部を設置し、生徒が登校日数を選択できる新しい取り組みを行っています。

CONTENTS
 1.教育理念・校訓
 2.ごあいさつ
 3.天学について
 4.高校設置認可書
 5.天王寺学館沿革

各概要を一通りご覧いただいた上で、
各ページの閲覧にお進みください。

 6.天学の制度・概要(学校制度)
 7.天学のコース・概要(コース編成)
 8.天学の生徒指導・概要(進路・生活指導)
 9.天学の授業・概要(取り組み)
 10.BACK TO MAIN



設置趣旨と教育理念・校訓 〜School Policy and School Motto〜

 血の通った教育の場 −自尊・自助・自立に向けて−
■開校目的(本校設置趣旨)
 「本校は単位制・通信制の高等学校を設置し、今日の後期中等教育を取り巻く様々な課題に真贄に取り組むとともに、広く地域社会に開かれた高等学校とし、生徒一人ひとりの興味・関心・能力・適性などを伸ばす教育を行い、学ぶことの意義を通して、生徒の自己統率力、また内的価値観の形成を実現させる人間教育を行うことをその目的とする」。平成14年4月開校に向け、このように本校の設置趣旨を学則に定めました。


 昭和30年代から始まる日本の高度成長期、集団就職などで働く若者などの学習の場として、昭和37年、正式に通信課程が設けられ、日本の高校は全日制・定時制・通信制の3課程を持つようになりました。以降、定時制・通信制は勤労者のための高校教育の場として、日本の後期中等教育の振興に大きく貢献をしてきました。では現在の状況はどうでしょうか。集団就職はもうありません。これからもないと思われます。当初想定していた働きながら学ぶ学習者は急減し、高等学校の進学率は97%を超えるようになりました。この現状から見ると、対象とされてきた学習者はほぼ存在していないことになり、この制度は一つの役割を終えています。当時の設計は、既に久しく実体とは乖離したものとして終えなければならないでしょう。時代の声に耳をそばだて、役割を終えたものは設計をし直さなければなりません。しかし法令的には何も変わってはいない。本校はこのことを踏まえ、柔軟に規定されたこの制度を活用し、今の時代に合った新しい高等学校を作っていきたいという強い思いで発足しています。同種高校の多くが50 年前の小さな学びの形を、謂わばそのまま平行移動し、時間に制約のない学習者を疑似的に勤労者と見なし、決して大きくはない学校生活の中で、卒業資格取得中心の学びとなっていることが残念です。また、敢えて言うなら、いつの頃からか、商業主義に走っているような現状が散見され、学校教育法に定められた一条校としての高校課程、高校制度を翻弄しているようにも思えます。
 今の時代は複雑です。真面目な生徒だからこそ学校生活に悩んでしまうといった不思議がしばしば起こってしまいます。このように勉学への思いを持った生徒が結果として多様化している「今」があります。本校は勉学に軸足を置いた生徒を求め、努力しようとしない人は、本校の求めている生徒ではありません。前者の生徒の皆さんのためにと、開校した高等学校です。



■教育理念(学校目標)
 学校を「血の通った教育の場」とすること
 学校法人天王寺学館創設50周年を記念して天王寺学館高等学校が開校されました。法人は現在60周年を超えました。学館60年、創設以来、一貫して「血の通った教育の場」を標榜して参りました。開校以来、大切にしてきた規範は「生徒一人ひとりの心に寄り添うこと」にあります。学校にあっては、いつの時代にも、この「血の通った教育」が不可欠です。この規範を忘れず、これからも、生徒一人ひとりを深く理解し、生徒たちに誇りある有意義な高校生活を送らせたいと考えています。
 「やれば出来る」を掛け声に!  やれば出来る。つまりやらなければ出来ない。簡単な道理です。そのためには自らにレッテルを貼らないこと。「やれば出来る!」を生徒諸君への励ましの言葉とします。


■校訓(生徒目標)
 『自尊−自助−自立』を規範とすること
 生徒の皆さんは、この「三つの自ら(みずから)」を行動規範とし、他に頼らず、他の影響を受けず、自らの足で立ち、それぞれの目標に向かっていってほしいと思います。また礼節、品格を重んじて自己を練磨し、人格を強固にして、自己統率力と個としての内的価値観を形成していってほしいと思います。

     自立とは、他の助けや支配を受けず、一人立ちすること。
     自尊とは、プライドを持ち、驕ることがないこと。
     自助とは、他に頼らず、自らで事を為すこと。



■縁(えにし)ありて本校生となる諸君へ
 『天学生悠々たれ』
 縁ありて本校生となる諸君、時代を洞察する力を有してほしい、出来上がっている社会の矛盾・錯誤を見極める目を持ち、考え、行動する人であったほしい。他者の常識と呼ばれている「常識」を疑い、まずは広く、潮流の如くダイナミックに流れる世界の動向・変化を察知し、そこに身を置いてほしいものだ。「木を見て森を見ず」という警句がある。狭い世界の中にいると、君たちすべてが持っている天賦の翼が退化する。思考が幽閉され、個の尊厳が損なわれる。それぞれにとってかけがえのない人生(時間)を誇り高く生きていくためには、今を見定め、分析する力量を必要とする。おそらく学ばなければ得られないだろう。経験しなければ見えないだろう。程度の差こそあれ、諸君は未だ無知である。たとえば「地動説」という真理を唱えた学者が「天動説」を頑なに信奉する人たちによって命を落とす不幸があった。理科の教科書には、一行、「地球は太陽の周りを公転している。」とのみ記される。教科書は真理の山である。そして先人の労苦が教科書の中に詰まっている。進学は大切だが、もっと大切なものがある。打算なく純粋に学ぶという行為を良としたい。日本はなかなか変わらない。学校も変わらない。政治では変わらない。私たち一人ひとりが変わらなければ変わらない。高等学校は、次に来たる社会参加の訓練の場である。滔々と流れる時間の中では、殆どの苦悩は流してしまえば良い。将来を見極めにくい時代に私たちは生きるが、君たちの確固たる「意思」の前では、多くが矮小の出来事に過ぎなくなる。泰然自若、悠々とした生徒となってほしい。
天学生悠々たれ。



ごあいさつ

校長 久井 通義

 縁(えにし)ありて、本校生となる皆さんへ
 初心忘れず。設立時の理念を堅持し、今の時代の「高校のあり方」を、多様な学習者の目線、少数者の思いに立って、若者の伸びやかで自由な飛翔を応援していく事ができる新しい高等学校作りに当たっています。
 キミたち中高生には果たして「学校」という場が今どの様に映っているのだろうかと思う事があります。「楽しい場所」、「自分を成長させてくれる所」という意見もあれば、「辛い所」、というようになってしまっている人もいます。
 全ての決まり事は時代の中で「変化し」、また「変化しない」ものです。「変化しなければならぬもの」が変化せず、「変化しなくとも良いもの」が失われる、陳腐なルールや規則が時代に合わないと分かっていながらまかり通り、変わってはいかない。しかしその「矛盾」をキミたち若者が矛盾と感じた時に初めて、新しい何かを生み出す原動力となり得ていくのだろうと思っています。若者は、矛盾を矛盾と感じない大多数となるよりも矛盾を感じる少数者であってほしいと願っています。日本には変わらなければならないものが沢山あると思います。
 旧弊や因習、既に合理的根拠を失ってしまっている事をただ踏襲し、時に、「常識」や「普通」と呼ばれる「障壁」が自由に羽ばたこうとしている若者の目の前に立ちはだかり、無用なブレーキを掛けてきます。そこを突破するのはなかなか難しいでしょう。成熟したと思っている日本の学校も、日本の社会一般に見られる同種の矛盾や課題を抱えた場所である事は、幾多の誠実だからこそ「悩んでしまう」生徒たちを目の当たりにして、実感としてそう感じます。
 ある文筆家がまだ12歳の少女の時、リオデジャネイロの「環境サミット」において、「失われていく動物たちの命」への悲しみを『Even if you are a minority of one, the truth is the truth. 』と言いました。このスピーチを普遍化した私なりの解釈ですが、これは大人(社会や学校、地域社会と解釈して良い)の言う理想と現実との矛盾に対して、当の大人がいつまでも行動しない、批判はしても実践しない、そして確実に分かっていながら確実に変化しようとしない、この現状維持への痛烈なメッセージでした。12歳で社会や大人を批判できる彼女も確かに少数者です。その反骨精神、個の表出の象徴としての「minority of one」だったのだろうと思います。

 この挨拶文を書いている時、幾つかの広域通信制高校がまた不祥事を起こしたというニュースが入ってきました。これはもう10年来、指摘されてきた問題であり、結果として放置してきた行政にもかなり責任があります。本校は地域に根ざす狭域通信制高校として、多様な生徒たちが豊かな学校生活を送ることができる新しいタイプの高等学校作りに当たっていきます。「依存型」の若者が増えました。勉強を「やらされている」と思っている若者たちです。未知の新しい事を学ばないで「未来が拓かれる」道などあり得ません。学習はあなたの問題です。本校で学ぶ生徒は、 一人ひとりが「自立型」の高校生となって、やがて確固たる「個」として社会に向かっていってほしいと願っています。そのため、今の学力は問いませんが、「学びたい人」に来てほしいと考えています。

2016年盛夏



教頭 桐木 孝

 社会で生きていくことの楽しさを伝える
 『トム・ソーヤーの冒険』の中に、「ごきげんなペンキ塗り」の話があります。騒動を引き起こしたトムが罰としておばさんの家の壁のペンキ塗りを命じられ、悪知恵を働かせてその罰をうまく逃れる話です。作中、トムは如何にも楽しそうにペンキを塗ります。その様子があまり楽しそうなので、見ていた友人たちは居ても立ってもいらなくなり、自分たちの持ち物を差し出してまで、トムに「ペンキ塗りをさせてくれ」と頼む話です。
 私はこの話を後輩たちによくします。身近な先生たちが生きることを楽しそうにしていれば、周りの子供たちも、きっと生きてみようと思うはずです。それは演技でも構いませんが、できれば先生自身が楽しく生きていることが望ましい。高校は社会に出る前に学校でできる最後の教育の場です。ここで社会に出ることに恐怖を感じたり、周りにいる我々が「嫌だなぁ」と思わせてしまったら、おしまいです。「生きることはたいへんだけど、それに立ち向かって乗り越えることは楽しい。」そう思ってもらえるように、私は仕事の話を生徒にします。「保護者の方300人を前にお話する機会があれば、「何を目的に、どう構成するのか、その仕事がどう影響して、どのくらい責任があるのか。」そんなことを時には悩んでいる姿を見せたり、子供に意見を求めたりしながら、その上で楽しく成功したときは手放しで喜んで、失敗しても悔しさを表現して、次のために準備する。学校生活の限られた時間の中で、トム・ソーヤーに擬えて「社会で楽しく生きる姿」を見せること。それが本校教員の第一の責務だと考えています。
 生きることが難しい時代だからこそ、将来に希望を持ちづらい時代だからこそ、我々は率先して困難から逃げずに正面から立ち向かいたいものです。そのstruggle(奮闘)そのものを魅せる。そして、それを見た子供たちは勇気を得てこの社会を生き抜いていく決意を固めることができます。そんな若者をこの学校は多く社会に送り出してきました。
 既存の教育のダメなところは、そういった厳しさを含めた社会の現実を伝えてこなかったことで、それを担うべき教員は内向きで社会の動向に鈍感であったことです。高度成長期の日本において、「学歴社会」と言われた安定した社会ではそれでも良かったと思います。「厳しい社会に出るのだから、学校時代は少しでも楽しい思い出を作ってあげたい。」しかし、現代においては、この考えはそのものが罪であるとさえ言えるでしょう。資本主義的な競争社会となった今、それではあまりに子供たちの将来に無責任だからです。本校を巣立つ子供たちには、「言われるままにただ従う」のではなく、トム・ソーヤー宛さながらに「人(社会)を動かしてやろう」といったくらいの気概を持ってもらいたいと思っています。



天学について




天学とは

『今必要とされる新しいタイプの高校作りに取り組んでいる学校です。』
 日本の学校教育にはなお様々の抜本的、構造的な矛盾が内包しています。しかしここ20年、30年と教育改革が声高に叫ばれながらも変化らしいものは見られません。生徒の中には、学校という場に対して痛切に思い悩んでいる人がいます。そして、「真面目だから学校に行けない」という不思議が起こります。本校は開校以来、全日制・定時制・通信制の枠を超えた「独自の一校」作りに取り組んでいます。今ある「固着した形式」には捕らわれないで、「統合学科」・「単位制」・「通信制」の柔軟なこの3制度(3つの鍵)を活用すれば、これまでにない新しいタイプの高等学校を生み出すことができると考えています。具体的には3課程の良いところを融合させたカリキュラムの実現も目標の一つですが、全日制・定時制・通信制のどれでもない第4番目の課程のような高等学校を作り出そうとしています。


天学が求める生徒像とは

『意欲と向上心のある人を求めます。その上で、本校は生徒の現状や基盤を深く理解し、一人ひとりの心に寄り添っていきます。』
 「学び」に重点を置き、意欲と向上心のある人を求めます。意欲のない人は「学習者」ではないので、受け入れは行いません。幅広い学力の生徒が入学をしますので多様なコース編成を行い、登校日数も本人で選ぶことができます。原則、入学時の習熟度は問いませんが、入学から卒業まで向上心、向学心を持って努力を続けてほしいと考えています。登校に悩んできた生徒の入学も多い学校ですが、他に遜色なく、希望進路を実現する生徒が多く、「今」からそれぞれの最善を尽くしてください。


天学の学校生活とは

『落ち着いて学べる「勉強の場」を提供し、一人ひとりにとって有意義な高校生活を送ってもらうことにあります。
 半世紀以上も前の勤労者を対象とした「高等学校通信教育規定」、そこに示された必要最小の登校(授業)、決して豊かとは言えない生徒活動や学校行事など、散見される雛形的・典型的な通信制・単位制の高等学校のあり方とは一線を画します。天学の授業週数は全日制(35週以上)と同じ36週です。また、学校行事は高校で行っているものすべてを実施しています。(自由参加制)部活動は学校生活を彩り、イキイキとした学校場面を演出するものとして積極的に推進しています。
 入学した生徒のほとんどが進学を希望していることから進路指導の役割が大きい学校です。中学時代に登校できていない生徒たちのために学び直しの場が設けられています。

●天学の「学び」の概要
授業週数 : 前期18週・後18週(年間学習計画36週 内4週は定期考査週間)
授業日数 : 前期・後期ともに82〜84日+その他登校日約15日(通学部5日制) ※通学5日制の生徒の登校日数は約180日
授業時数 : 週当たりの授業総数約500時間(府立高の17クラスに相当する授業を行っています。)


天学のカリキュラムとは

『教育課程は「通信部」、「通学部」の多部制を編成し、生徒の現状に合わせたコースの選択ができるように考えられています。』
 本校は広域性高校に対して『狭域通信制高校』として、他に付帯施設は一切設置せず、当校舎のみにおいて対面授業を重視した教育を行っている高校です。教学に関わるすべての指導は本校の教員のみで行います。

(1)総合学科・単位制
 本校の総合学科は、普通科科目に加え、学校設定科目を多数開講し、適性や将来の進路方向、或いは興味関心のある科目、メリハリのある分野集中の学びなどが可能で生徒が科目を自由に選択できます。
 また、学年進級による単位認定ではなく、科目ごとに単位を認定する単位制を採っています。
(2)通信部・通学部
 「通信部」に加え、積み上げ学習を目的として、全日制に準じた「通学部」を併設しています。通学部では登校日数を5日制、3日制、及び4日制(原則3年次生)から選択することができます。また、年間3回、「転コース」を認めていますので、現状に合ったコースから始め、学習のステップアップなど、状況の変化に応じてコース変更が可能です。(※単科講座の変更はできません。)

通信部各コース
総合教養コース ■無学年制
■月・水・金−午前授業標準
国際教養コース
芸術情報コース
視聴メディアコース(在宅学習)


通学部各コース
文理進学特進コース 5日制(1〜3年次)
4日制(3年次)※2年特進コースも可
3日制(1〜3年次)

■学年制
■午前・午後 全日型授業
文理進学総合コース
文系進学総合コース
理系進学総合コース
基礎総合コース
芸術系進学総合コース



高校設置許可書


 本校は学校教育法第一条に定められた私立高校で、大阪私学103校の中の一校です。
本校法的位置づけ:大阪府許可私立高校(共学校)
単位制・通信制(狭域性)・総合学科
大阪府知事高校認可番号 大阪府指令私第29-6号
高等学校認可年月日 2002年3月22日
高等学校開校年月日 2002年4月1日

 本校をしばしば専修学校等と思う誤解をしている方が中高の先生方の中にもいて、実態理解がいただけないことを残念に感じています。本校は2002年4月に開校した、学校教育法第一条に規定された大阪府認可の私立高校です。この誤解はおそらく、通信制・単位制高校を取り巻く環境が混乱していて、正規高校の周辺に、法律想定外の教育施設が多数存在し、文部科学省をはじめとした行政機関も整理がつかない現状にあるからだと思われます。
 現在は平野区に校地校舎を移転しています。本校舎だけの運営を行い、技能連携等他の教育機関とは一切関係を持っていません。


 大阪の私学について
 大阪府知事が認可した高等学校を以下に掲げます。2010年4月、高槻市に関西大学高等学校が新設されましたので計102校となりました。このおよそ20数年間で公立高校は相当数が統廃合され、公立高校の定時制が多部制への移行に伴い、29校から15校に減少しています。私立高校は減少がなく、学校数が維持されてきましたが、男子校・女子高から共学校への変更が相次でいます。(本校は共学校の中に含まれます。)
(大阪府私学・大学課ホームページより)

課程名 学校数(2005年4月) 学校数(2010年4月)
高等学校 男子校 15校 8校
女子校 30校 27校
共学校 55校 67校
100校 102校
(通信制・内数) (7校) (6校)
2011年4月1日現在



天王寺学館沿革


 学校法人天王寺学館について

 学校法人天王寺学館(所在地:大阪市阿倍野区松崎町)は、1953年4月に天王寺予備校を創立、1967年4月には関西外語専門学校(旧校名:天王寺英語学院)を併設しました。
 学校法人創設50周年を記念し、2002年4月、同地に、専門学校と校地を隣接した形で、天王寺学館高校を開校しました。それぞれの学校はそれぞれ独立し別個の学校として運営されています。
 2010年10月、天王寺学館高等学校は現校地に校舎を建築し移転いたしました。阿倍野キャンパスは法人本部と関西外語専門学校・天王寺予備校、平野キャンパスは高等学校と、専門学校と高等学校のキャンパスを独立させています。

天王寺学館の歩み

1953年4月 「天王寺予備校」設立
1967年4月 「天王寺英語学院」設立(現 関西外語専門学校)
1969年4月 学校法人天王寺学館創設
1976年4月 「天王寺英語学院」大阪府より専門学校第一号認可を受ける
1987年4月 「天王寺英語学院」を「天王寺アカデミー専門学校」に改称
1989年4月 豊中キャンパスにて「関西国際高等専修学校」設立(現 関西外語専門学校国際高等課程)
1993年5月 「天王寺アカデミー専門学校」を「関西外語専門学校」に改称
1994年4月 関西外語専門学校に留学生センターを設置
1995年4月 「藤井寺留学生会館(Fujiidera International House)」設置
1999年3月 新校舎「新館」落成 「天王寺学館生涯学習センター」設置
2002年4月 「天王寺学館高等学校」設立
2003年3月 「天王寺学館」創立50周年式典
2003年11月 学校法人天王寺学館 創立50周年記念式典挙行
2010年10月 「天王寺学館高等学校」新校舎(平野区)に移転
2013年4月 学校法人天王寺学館 創立60周年

学校法人 天王寺学館(阿倍野本部)
 法人本部・関西外語専門学校・天王寺予備校
 〒545-0053 大阪市阿倍野区松崎町2-9-36
 TEL:06-6621-1881(天王寺学館代表電話)




Copy right (c) 2002-2013 天王寺学館高校-通信制高校 All rights reserved. RSS