通学部〜より豊かな学校生活のために〜


CONTENTS
 1.通学部について
 2.天王寺学館高校の通学部
 3.通学部の登校形態
 4.通学部の授業
 5.通学部の設置コース
 6.通学部コース時間割
 7.BACK TO MAIN



通学部について


より豊かな学習の機会と充実した学校生活を送ることができます。
 通学部は向学心のある生徒を対象に、『月・水・金』午前の授業(通信部の授業)に加えて、午後に『積み上げ学習の場』を設定し、全日制基準の授業を併せて受けるコースのことです。5日制は『月〜金』、3日制は『月・水・金』、4日制※は『(月・水・金)+(火または木)』の午後の授業を受けます。
 通学部の授業は、1日4時間の固定授業で、学年別・進路別・習熟度別にコース編成され、高等学校の学習指導要領に照らして学習を計画的に進めていきます。なお、芸術コースについては美術に関わる専門科目の実習授業となります。
 本校生の学力の幅はとても大きく、中学の基礎学習項目から戻って学び直す必要がある生徒もいれば、最上位の偏差値を有した生徒もいますので、基礎から特進まで習熟度別・少人数編成のクラスを設け、特に受験年次である3年次生向けの単科選択講座は、どの講座も概ね10名以下の演習形式の授業で、科目によっては数名の授業もあります。
 通学部5日制の場合を全日制制度と比べて見ると、通信部の授業に加えて、1週20時間の固定授業(ただし特進コースの場合は26〜28時間)が36週(定期考査4週を含む。)にわたって実施されていますので、公立高と同等以上の授業時間が確保されています。
 本校の通学部は開校2年目の2003年度に制度化されました。全国で始めての試みとしてスタートし、様々の検討を加えて今日に至っています。この間、通学タイプの通信制高校が増えていますが大きく異なる点があります。本校は『狭域通信制高校』であり、専修学校との技能連携や民間によるサポート施設、サテライト教室などの付帯施設は一切設けず、授業はもちろんのこと、補講や補習も含めた教学に関わる指導・支援を本校教員がすべて担当していることです。(当然のことですが、全教員は教免を有します。)
 通学部を希望する人は、『通信部の勉強だけでなく、さらに勉強したいと思っている人を対象として設置したもの』であり、ただ5日間登校してもらいたいためだけに設置したものではありません。向学心・向上心・努力する姿勢が問われるコースだと思ってください。
@1年次生 通学5日制または3日制(通学4日制はありません。)
A2年次生 通学5日制または3日制(特進コースのみ通学4日制履修可。)
B3年次生 通学5日制・通学4日制・3日制 



天王寺学館高校の通学部


制度の持つ柔軟さと特性を生かした、他にない新しい考え方に立った教育課程を編成

 本校通学部のカリキュラムはさきに登録日数を設定し、時間割を編成したものではなく、各コースにおいて実質的に必要と考える科目と必要な学習時間数を組み入れた結果、5日制、3日制、4日制という登録の形となりました。
 通学部各コースはもちろん受験だけのものではなく、高校生として幅広い教養を身につけるコースでもあります。3日制を最少とし、各教科学習の充実を図る場合には、5日制や4日制を選ぶことができます。



通学部の登校形態


■通学5日制(1年次・2年次・3年次対象)

希望進路の実現に向け、コース主要教科とサブ科目の学習で学力をつけていく。

・月・水・金 午前授業【通信部と共通】
・月・火・水・木・金 午後授業
 【コース授業(20時間) ※特進コースは26〜28時間】
・特別授業など火・木の午前
 @英数国基礎補習(推奨)
 A特進コース補講(指定)
 B自習登校学習(推奨)

 学年で異なりますので、詳しくは設置コースをご覧ください。


 通学5日制各コースは、3日制各コースの主要科目学習(月・水・金の授業)に加え、火および木に開講している科目も学ぶコースです。したがって登校日は月〜金の5日制となります。
 3年次生では火・木の午後に開講されているこの単科選択講座の科目を生徒が選択できるため、文系の生徒がさらに文系科目を、理系の生徒がさらに理系科目を重点学習することも可能となります。
 ※文理進学特進コースについてはコースの性格上、原則5日登校が望ましいと考えております。



■通学3日制(1年次・2年次・3年次対象)

希望進路の実現に向け、主要教科に絞った効率的な学習を行います。

・月・水・金 午前授業【通信部と共通】
・月・水・金 午後授業【コース授業(12時間) ※特進コースは18〜20時間】
・特別授業など火・木の午前
 @英数国基礎補習(推奨)
 A特進コース補講(指定)
 B自習登校学習(推奨)


 たとえば私大文系に進学を希望する人の受験科目は、英・国・地歴(1科目)の3科目で、理・数が課されることはまずありません。同様に理系は英・数・理(1科目)で国・地歴は課されません。また、芸美大受験では実技のウエイトが高く、この学習がポイントとなります。3日制各コースはこのようにコース学習に必要な教科に絞った学習を効率的に行うコースです。3年次になると文系が英語・国語、理系が英語・数学の各最重点2教科をそれぞれ6時間ずつ学習する受験対応の実践カリキュラムとなります。



■通学4日制(2年次(特進コース生のみ)・3年次対象)

希望進路の実現に向け、コース主要教科に加え、選択科目(単科選択科目)との学習で学力をつけていく。

・月・水・金 午前授業【通信部と共通】
・月・水・金 午後授業及び火または木の午後授業
 【コース授業(16時間) ※特進コースは22〜24時間】
・特別授業など火・木の午後
 @特進コース補講(指定)
 A自習登校学習(推奨)

 学年で異なりますので、詳しくは設置コースをご覧ください。


 通学4日制各コースは、上記3日制各コースの主要科目学習(月・水・金の授業)に加え、火または木に開講している単科選択科目の中から取りたい科目を選択する学び方です。したがって登校日は月・火・水・金または、月・水・木・金の4日制となります。
 私大理系進学を目指す文理進学特進(理系)コース3年次生を例に挙げますと、月・水・金で英・数2科目を各6時間学習し、火の単科講座で英語と理科の演習を選択すると、英語8時間、数学6時間、理科演習2時間の充実した受験対策学習を行うことができます。



通学部の授業


■通学部の授業と学び方について
 月・水・金の午前(1限目〜4限目)の授業に加えて、編成されるコース授業を受けるコースを通学部と言います。月・水・金の午前授業は通信部授業と共通で、生徒が科目を選択します。通学部の授業は、全日制と同じ基準で授業が運営され、将来進路の実現に向けた学習を行っていく場です。

■通学部の登校日数(調整・変更)について
 1年次生⇔通学5日制または通学3日制(※4日制は設定していません。)
 2年次生⇔通学5日制または通学3日制
      (※ただし文理進学特進コースのみ4日制を設定しています。)
 3年次生⇔通学5日制、通学4日制、通学3日制



通学部の設置コース


■本校校時表とコース編成の考え方
 本校の授業は午前に4時間、午後に4時間、1日8時間の授業を行っています。火・木の午前は対象となる生徒の補習・補講授業、及び自主強化学習、部活動を実施しています。

@通信部は、校時表の授業のみを受けるものです。
A通学部3日制は、の授業を受けるもの。
B通学部4日制は、+(C(火)またはC(木))の授業を受ける形となります。
C通学部5日制は、+(C(火)C(木))の授業を受ける形となります。
 (※Aの通信部の授業はすべての生徒の共通授業です。)


 特進コース生の特別補講が火・木の午前に行われています。また同じく火・木の午前に、基礎学習補習が行われています。基礎学習補習は希望者が受講するもので出席義務はありませんが、中学の復習から学びますので、基礎学力が不足している生徒は積極的に出席するようにして下さい。また同じく火・木の午前を、自主強化学習の時間として空き時間の活用を推進しています。

 時間割は目的別授業のブロックで構成され、1日8時間の授業を実施しています。
 ※上記時間以外にも部活動を行うことがあります。


 ■単科選択科目【単科講座】(=通学部3年次生向け火・木 午後の選択授業)について
 通学部の授業の中で、3年次生向け火・木の午後の授業は、受験年次である事から、学習者が最も必要とする科目を効率よく単科選択できるようにしています。この単科選択は、@通学部3年次生のほか、A通学部特進コース2年次生も受講できます。また、B通信部生(3年次生対象)も受講できます。通信部生については、担任の先生に相談し、単科受講として科目の追加登録をしてください。
※選択方法/火・木とも5・6限、7・8限について配当科目の中から受講したい科目を1科目ずつ選択。
 選択による科目の組み合わせは自由です。火だけの選択、木だけの選択も可能です。(⇒4日制)
 なお、デッサン1、デッサン2に限り、1年次生から選択受講ができます。
※開講科目は一部変更することがあります。

 ■選択例


 ■コース編成図
     【全コース】
      ※年3回の転コースを認めています。(但し、単科講座の変更は認めていません。)

     【通学部】
      ※1年次生の通学部は5日制又は3日制です。
      ※2年次生(特進コース生)は4日制も選択できます。(但し、特進コースは5日制が望ましい。)
      ※3年次生は5日制・3日制・4日制から選択できます。



通学部コース時間割−習熟度に応じたコースを編成しています。

勉学には、真摯にそして意欲的に取り組んでください。
 通学部各コースは、通信部の午前授業に加えて、学年別・コース別・習熟度別に少人数クラスに編成された授業の双方を受ける全日型の学び方で、他校には例のないものです。
 学習を積み上げ、将来進路の実現を図っていきますので、意欲的に学習に取り組む生徒を対象としたものです。真剣に学ぼうとする人のためのものとして設置していますので、入学を希望する人はこのことをよく理解した上で出願してください。出席率は、全日制の基準と同じく各科目とも3分の2以上となっています。

 ■1年次

 ■2年次

 ■3年次





Copy right (c) 2002-2013 天王寺学館高校-通信制高校 All rights reserved. RSS